個々日々*kokohibi*

   
住宅部ブログ 個々日々*kokohibi*

ネクスト・オカモト住宅部スタッフが、「皆さまのお家造りのお手伝いになれば!」
という気持ちで、現場のことや、お得な情報、補助金制度に関してなど、
お家造りに関するあれこれを綴っていきます

随時更新いたします。お楽しみに




 

 

今日からスタートです♪

今日からスタートです♪
 
トップバッターになりました。住宅部「O」です。
何をお伝えするか迷うところですが・・・
ブログタイトルを素直に受けて、
日々のことを書くことにします。

先日、建前を迎えた現場へ行ってきました♪
紙の上での打合せから、
ようやく建物としての形をみせてくれる建前は
いつでもワクワクする日です。

棟梁をはじめ大工さんたちが力を合わせ、
息を合わせ柱、梁を組んでいきます。
一番見ていて「おぉ!」と思うのは、
レッカーの方と大工さんとの共同作業
「材料上げ」です♪

柱などの材料をレッカーに掛ける、これは棟梁。
棟梁の合図で、レッカーのオペレーターさんが
アームを操り材料をあげる。
上でスタンバイしている大工さんが、
あがってきた材料を手で合図を出しながら
荷物を下ろす。

という、この一連の作業が
スムーズに進んでいく様は、
「素晴らしい!」と言いたくなるほど。。。
素晴らしいです

一つの物を、みんなで造り上げていく。
という感じが伝わってくる作業だと思います。

雨の予報も出ていた日でしたが、
天気もなんとかもってくれました。
これからまた、いろいろな打合せを
重ねてお家の完成へと進んでいきます。

たくさんの決めてもらうことがあり、
お施主さんにとっては大変な作業だと思います。

でも、悩んで迷って考えた分が
その家の「こだわり」となって雰囲気に出てきます

やっぱり、手間ひまかけたものは、
「雰囲気」を持つのです♪
この邸が完成の時に
『どんな雰囲気を出してくれるのか』
を楽しみに、
出来るだけ楽しんでお施主さんが悩めるよう、
お手伝いをしていきたいと思います。



 

2番手です

2番手です
 
2階玄関(道路下に1階があります)

住宅部のKです。
私の親戚で設計から施工までかかわってきたK様邸が先日完成しました。
計画から約3年という期間を経ての完成となったわけですが、無駄の無い間取りと機能性が確保されたいい家が出来ました。
建築中、施主の両親は風呂と台所が無いアウトドアな生活を送っていて、寒さが厳しくなる前の完成でよかったです。
建築中、施主、施主の両親をはじめ近隣の方々ご協力有難うございました。

 

三番手!

三番手!
 
本社展示場
住宅部 営業のKです。  現在ただいま建築中の担当をしています。
日々ネタを探しに現場へ・・・・う〜ん 写真の腕が・・・・なかなか良い写真が撮れません    (;−;)
建築に詳しくない人でも分かりやすい写真と文章を心がけているのですが・・・・見て頂くだけでコメントを頂けないので、どんな感じなのか不明です。
そんなこんなで、とりあえず自己流ですが進めてまいりますので宜しくお願いします。

先月10末に旭グリーンヒルズの住宅展示場をお引き渡ししまして、現在 北金田の本社展示場しかありません。 (・〜・)

みなさんも車などで道から見たことがあるとおもいますが、高知インターから下りてきて、大津バイパスの交わる交差点手前、ガストさんの隣です。
お近くにお寄りの際は是非お立ち寄りください。お待ちしております。       m(_ _)m

 

リフォーム

リフォーム
 
内装を剥がし スケルトンの状態(柱と梁大引き)
ただいまリフォーム中 
 現場担当のSです。今回はリフォーム現場よりお届けします。
ネクスト・オカモトでは耐震診断士による、耐震診断やリフォーム工事も積極的におこなっています。
心配事や不自由な点があれば是非、ご相談ください。

 今回、お施主様のご希望により、基礎コンクリート、柱、梁等 構造材を残しての耐震補強改修工事となりました。
築30年余りですが、基礎の状態も良く、木部の腐食もほとんどなく、綺麗な状態でのリフォームのスタートです。
 現在内部の撤去作業中でありますが、お施主様のご希望を叶える事が出来ますように細心の配慮とともに、全力で改修工事を進めて行きたいと思います。
又、次回のリフォーム途中経過をどうかご期待下さいませ。
 

今回の担当者嶋崎です。

今回の担当者嶋崎です。
 

最初の記事で建前風景を紹介した現場の進捗状況です。
当社の仕様の一つである、外壁面にダイライトMS、厚さ12mmの面材
当社設計施工のお家に標準仕様として、お客様に提案をしています。
ダイライトの製品については、大建工業株式会社さんホームページバナーをクリックして下さい。

 
現場はどんどん進んでいます。
サッシ(YKKapさん)も取付しました。
そして、写真の通りシルバー色でまぶしいですが、
これも当社施工で標準仕様としている、タイベックシルバーです。
透湿防水遮熱シートで、遮熱効果があり、胴縁で通気層をとると、輻射熱(赤外線)を反射して、
建物内に熱(100%は防げませんが)が入るのを防いでくれます。

旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社さんのバナーをクリックしてもらうと、商品のHPにいけます。

 
日々現場は、進行しています。
外壁を金属サイディングが施工されています。
ケイミュー株式会社(旧クボタ松下電工外装株式会社)のはる一番、おおびき柄と銘木柄を使用
金属サイデングですが、長い年月太陽にさらされることにより、外壁の塗膜は変色や色落ちを起こします。
はる・一番 鋼板製仕様はフッ素焼付塗装で、この色落ちが断然少なく、長期にわたり外観を美しく保ちます。

お家のメンテナンスは必要なことですが、少しでも長持ちするように考えています。
それでは、次の記事をお楽しみに〜、嶋崎でした。(T_T)/~~~00
 

バナー

バナー
     
 

N田

N田
 
地鎮祭

住宅部営業のN田です。 今回は意外と知られていない地鎮祭について、ご紹介をしたいと思います。

地鎮祭には神式・仏式・その他色々な方式があります。
ここでは神式についてご紹介をしたいとおもいます。

準備
?土地の四方に竹を立てて、連縄を張り、下がり紙を一辺の4枚づつ下げる。
?祭壇を組み立て、大榊を立て鏡」を飾る。
?酒・水・塩・米を祀り、山の物・海の・里の物をお祭りする。
?祭壇」の横に砂で小山に盛り、カヤ・スキを立てる
作法
?神職さんの進行で大祓い・祝詞をあげ、降神の儀で神様においでいただく。
?参加者が神様に榊を捧げ(二礼・二拍手・一礼)をし、工事の安全を祈念する。
?砂の小山に工事関係者・お施主様がカマ・スキ・クワを入れて工事の始りとする。
?昇神の儀で神様にお帰りいただいて地鎮祭は終了です。

地域により多少の違いがありますので、神社さんや業者との打合せが必要です。

次回はもう少し詳しく説明をしたいと思います。
 

外壁(窯業サイディング編)

外壁(窯業サイディング編)
 

今回担当のNです。

当社では色あせしにくいフッ素加工の金属サイディングをお勧めしておりますが(前々回嶋崎担当ブログ参照
どうしても金属系が好きになれない方もおられます。
ただいま建築中でご紹介のお施主様ですが金属サイディング以外でメンテナンスの少ない外壁をご希望でしたので
色あせしにくく、汚れが落ちやすく、太陽の力で汚れを分解する機能をもった窯業系サイデイング光セラを選びました。

   

最初に候補としてあがったのは光セラのPixceraシリーズ(最新鋭の塗装により繊細な色感とリアルな質感を出したサイディング)
サンプルを取り寄せて遠くから見ても柄がはっきり出ているのでなかなかいい感じです。このサイディングで決定かな・・・・・でも、いざイメージパースにあてはめてみると柄がはっきりしている分かなりインパクトのある外観に・・・・しぶしぶ全体に使うのはあきらめる事に
 

 
次に選んだのが同じく光セラの18ミリタイプ(厚さがあるので強弱のある重厚な印象がでます)
カタログや小さなサンプルでは候補にあがっていなかったものが、大きめのサンプルを遠くに離れた場所(屋外で)から見た時に一番雰囲気が出ていたのでビックリ。このシリーズでほぼ決定
・・・ここで問題が・・・・
外壁の色も一色だとさみしいので張り分けをしようとなった時に決定的に、これっというが見つからない!でも光セラの機能は捨て難いし、あるデザインと色の中で選ぶしかないのか・・・(妥協する
 

でもやっぱり妥協できないっ
で、・今までのことは、一度白紙に戻して、別のメーカーでも考えていく事に。
AT旭トステム外装の窯業系サイディング施工事例もたくさんあり、雰囲気のいいデザインがたくさんあるのでサンプルをとってみる。
でもやっぱり、張り分けの色合いがしっくりこない
他に何かないかな〜と、イメージパースに木目調をあてはめてみると結構いい雰囲気に

 
ただ、窯業系サイディングの木目調はにせものっぽいというイメージをもっていたので(かといって外壁に本物のを使うとメンテナンスがかかるし
木目調色あせしにくく、しかも雰囲気のいいものはないかと調べていた所・・・・ニチハ?の木目調サイディングがの雰囲気がとても出ているのいう情報に行き着くことに
半信半疑でサンプルをとってみたところ
これが期待以上に良かった
これに決定
 
50枚を超えるサンプルの中から最終決定した外壁です
(●メインは、光セラの18ミリタイプ
●張り分け部分は、ニチハ?木目調に・・
●インナーバルコニー部分に第一希望の光セラPixceraシリーズを使っています。
(備考)窯業系サイディングは、レンガ調タイル調木目調など柄や色はバリエーション豊富ですが思ったとおりの質感や雰囲気を出すのが案外難しいのです

 
イメージパース
現在、足場シートがかかっていて全体的にまだ外観を見ることは出来ませんが、イメージ通りできたかな
12月18日()・19()完成見学会を予定しております。
是非、見に来てください
 

しんがり 12月13日

しんがり 12月13日
 
 しんがり担当の森の一歩手前です。(?・・・)
工務担当ですので、工事に関する事を書きます。
今回は、水切りについて
呼んで字のごとく屋根、壁等の雨水を切る部材です。
これがキチンと出来ていないと雨漏したり、外壁の水伝い部分が
経年により、水垢等の汚れがついたりします。
使用部位によって名称、形状が少し違います。
建物下部から、腰水切り(写真参照)、見切り水切り、
取合い水切り、下屋水切りなどがあります。(主に木造住宅で)
昔の家は瓦等で水切りをしていたようですが、
近年の洋風の建物では、ガルバリウム鋼板、アルミ製など
耐久性の高い部材が使用されています。
曲げ加工などは、工場で加工してきますが、長尺物は限度があり
現場での加工(継ぎ手、出入隅等)となります。
ここで板金職人の技術の優劣が出てきます。
お客様に見える部分は基より、見えない部分がより大事になります。
 
下屋水切りなどはその典型です。(写真の防水シート下部)
仕上壁材の裏にどれだけ立ち上がっているか、
重ね継ぎ手の水仕舞いは良いか、
下りの下は、水切りできているか、
などなど、高知の雨に対応する技術が、見えない部分に
発揮されなければいけません。
完成した物を見ればどうってことないものですが、意外と重要
だという事が解かっていただけると良いですが・・・・・・

雨の多い(風も強い)高知で、雨仕舞いに神経を使って作業を
しております。
これが正解という明快なものが無いので、日々研鑽です。

さて、次回は何を取り上げようかな・・・・・・・
 

お気に入り♪

お気に入り♪
 
おはようございます住宅部「O」です。

前回、建前の様子をご紹介したお家が
もうすぐ完成を迎えます
写真は、内部ボードの状態ですが、
ここから壁紙を貼り、
内部建具を取付けていきます。

お施主様に選んでいただいた内装材の仕上りが、
とても楽しみです

そして、私の個人的な楽しみがもう1つ
お風呂場です。
少し大きめの窓をとりました、さらに透明ガラスを選んでいただきました

立地条件から、外から覗かれることもなく、
夜にはきっと、きっと
が綺麗だろうなぁと勝手に想像しています。
一風呂、お願いしたいというくらい勝手に
楽しみにしています。


お施主様にも、このお家での「お気に入り」を
見つけて頂けたら嬉しいです。
 

2番手の2回目です

2番手の2回目です
 
住宅部のKです。近々完成します市内のT様邸の階段の写真を載せさせていただきました。
弊社の設計ではありませんが、階段の巾を広くするのに工夫があります。廻り階段の中に作る壁は柱以上の巾があるのが通常ですが、階段の巾を少しでも広くするのにシナランバーを利用しています。施工した大工さんは苦労があったと思いますが完成すると「なるほど!」納得です。
詳しい内容が知りたい方はKまでご連絡ください。
今年最後の内容となりました。皆様よいお年をお迎えください。
 

新年一回目

新年一回目
 

住宅部営業のKです。  新年あけましておめでとうございます。

新年一発目は、現場の養生について

建築中の現場では転落防止と飛散防止のため、足場を組み、養生ネットを張っています。
最近では手すり先行足場という方法がとられることがあります。足場に手すりがあると本当に安心して作業ができます。

主にビル形式の建物がほとんどで、住宅ではまだあまり使われていません。

この方法がとられている現場には写真のようの垂れ幕が掛っています。 (右側の垂れ幕)
 



 

 
足場にはこのような看板も
ヘルメットの着用・安全帯の使用など・・・・・
整理整頓はもちろんのこと、安全に作業をする事が求められています。

今年も一年 安全を守るとともに、皆様方のご安全を祈念いたします。
 

ただいまリフォーム中

ただいまリフォーム中
 
ただいまリフォーム中!

新年2回目。 現場担当のSです。今回は、前回紹介したリフォーム現場の途中経過です。
骨組みの状態から段々と形になってきました。

一枚目  外部庇です。
元々、お客様の希望で庇・雨戸は取付しない予定でしたが、DK勝手口は雨の日でも開けたままに出来る様にして欲しいとの事で、ガルパリウム鋼板張りのスリム庇の取付となりなした。


 
二枚目

二階ベランダです。奥行き1.2mの広さが1.8mとワイドになりました。
笠木の仕上げ材は写真では取付ていませんが、下地捨水切りを壁内部に立ちあげて水が入らない様にしている状態です。


 

三枚目

二階床下の遮音マットです。
木造の場合、床を歩く音が下階に響きやすいですので、床材の音も含めて少しでも音を消すために、仕上床材の下に敷き込みをしています。

次回は足場も外れて完成に近い状態になっていると思いますので、ご期待下さい。




 

嶋崎です!アップが遅くなりましたm(__)m

嶋崎です!アップが遅くなりましたm(__)m
 
もうちょっとで外構工事まで仕上がります。
お施主様には、御迷惑をお掛けしていますが...
 
外構がまだですが、年越しを新築で迎えたいとのお施主様の希望もあり、去年引き渡しをしました。
薪ストーブの説明中です。火を入れるととても温かくなりました。
(ならし運転を2〜3回してくださいとの事。いきなり火力を上げるとストーブが壊れてしまうとか説明を受けていました。)
 

絶景

絶景
 
絶景 

住宅部 営業のN田です。今回は、建築中のお家の周りの景色をご紹介します。
見えているのは、南国の白木谷。石灰石の露天掘りの現場です。
あまり見かける事のない景色です。
 
前回、工事担当の嶋崎がご紹介したお家。薪きストーブの煙が煙突からモクモクと 
寒い冬 でもポカポカ  リゾート気分

人にやさしく地球にやさしい、家計にも優しい・・・・ ハズ   薪ストーブの使用には、色々と気を付けなければならない点がありますので、気になる方は、一度ご相談下さい。 




 

植栽・シンボルツリー

植栽・シンボルツリー
 
ビフォー
住宅部 Nです
今回は植栽について‥‥です。(シンプルな外観のお家でも植栽によって雰囲気がガラリと変わります。今回は私が気になる洋風の木(実は私も購入した)をパースに当てはめて見ました。
写真ではないので樹種が分かりづらいですが‥‥

●気になる木? オリーブの木

●気になる木? コニファー

●気になる木? シマトネリコ

庭に植えても鉢に植えてもOK
 
アフター
○オリーブの木にはたくさんの品種があり、異なる品種を2本以上植えると実が付きやすいそうです。葉や実の大きさ・形・色が品種によって違いますのでお気に入りのオリーブの木を見つけてみてはいかがでしょう。
○コニファーもたくさんの形や色があります。季節で葉色が変わるタイプが多いですが変わる色もさまざまです。大きくなりやすいので目隠しにもいいです。クリスマスには飾りつけを!
○シマトネリコは、やわらかい細かい葉が洋風によく似合います。洋風にマッチする木ってあまりないので、シマトネリコはシンボルツリーとして全国的に人気があります。(高知では街路樹としてあちらこちらに)
<<株式会社ネクスト・オカモト>> 〒780-0073 高知県高知市北金田10-3 TEL:088-882-9000 FAX:088-882-8260